2014年11月27日 (木)

ギリギリ間に合った?

そう言えば今年はまだ紅葉見てないなぁと思い立ち、風太とお出かけしてきました。

ネットで見ごろ情報を調べると、長崎はもう落葉してしまっているようで、福岡県に向かいました。

福岡って以外と近くでビックリ。

Dsc_0016_3

駐車場に車を停めて、もみじ谷と書かれた道を登ります。

でも、昨日の雨でかなり落葉してしまっていました_| ̄|○

Dsc_0010_8


まぁ風太にはそんな事関係ないわけで。

意気揚々と山道を登ります。

Dsc_0013_2

所々葉が残っている木もありましたが、近づいてみると拡大では撮影出来ないほど色褪せていたりして。。。

でも落葉のおかげで、きれいな絨毯のお写真が撮れました。

Dsc_0009

黒い犬が映えますね。

Dsc_0018

ススキ野原の向こうには大宰府の町並み。

長崎と違ってやっぱり都会です。

Dsc_0022


Dsc_0023

山も空も街もきれい。

今年の春・夏は、休日が雨の日に当たってしまうことが多かったのですが、秋は晴れの日に当たることが多くてラッキーです。

Dsc_0028

レッドカーペットの階段で撮影。

Dsc_0029

全体的にはこんな感じ。

少し場所を移動して小川沿いを歩いたら、キレイな場所を見つけました。

Dsc_0030

風が吹くと何枚かのもみじが降ってきて、その中の1枚が風太の上に。

それを見た私が「うわ、可愛い~。」って言ったらこのお顔。

Dsc_0031_2

普段から可愛い×2言い過ぎて、可愛い=自分のことだと判っているようで(^_^;)

Dsc_0035

少し行った橋の上から。

次は少し移動して、黄色の絨毯を目指します。

Dsc_0042

私が好きな風太。

風に耳がなびいているのが大好きなんです。

Dsc_0043


もちろん、顔が一番好きですよ。

Dsc_0044

銀杏の木の陰に黒猫ちゃんと白猫ちゃんがいました。

Dsc_0047

爪とぎ中ですが。

じっと見ると、白猫ちゃんの口周りは血だらけsweat01sweat01sweat01

えっと、何かご馳走食べた後なのね。。。

落葉はしてたけど、まぁ紅葉には間に合ったかな。

とりあえず風太とお出かけできたので納得です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

心の洗濯

旅行で何回か九州を訪れて、風太と二人旅でも九州に訪れて、好きな場所で好きな仕事が出来るとなって思い切って移住したのが1年前。

もちろん楽しいことばかりではありませんでした。

人生の中で一番苦しかった時期もあったと言っても過言ではなかったかもしれないこの1年。

でも一番充実していたかもしれないこの1年。

得たもの、失ったもの色々ありました。

11月2日に誕生日を迎え、新たな人生の岐路に立ちました。

ある人に私の良い所は、素晴らしいリセット機能を兼ね備えているところと、褒められてるのか貶されてるのか分からないことを言われたことがあります(笑)

迷った時はここ。と決めている場所があります。

私が日本の中でも一番好きかも知れない場所。

Dsc_0057


宮崎県にある都井岬です。

もう何度も訪れている場所ですが、今回は馬たちに聞きたいことがあって訪れました。

長崎の私の自宅からは車で6時間弱。

初めて風太とスパイクで車中泊して行きました。

朝6時過ぎ。

まだ陽が昇っていない時間に訪れてみました。

Dsc_0037

毎回そうですが、ここは風の音と馬たちが草を食む音しかしません。

カメラだけを持ち、ここと決めた場所に腰を下ろしました。

Dsc_0058


Dsc_0073

いつもは飼育馬と関わっていますが、ここにいるのはみな野性馬。

ここに来ると、とにかく馬たちの邪魔をしないように、自然に溶け込むように心掛けています。

Dsc_0042

私は決して動かず、近付いて来てくれた子と話そうと決めていました。

Dsc_0054


この2頭はとても仲良しで、ずっと2頭一緒。

Dsc_0083


去って行くのも2頭一緒happy01

Dsc_0077


この美人さんは多分まだ1歳くらいだと思います。

仔馬なので好奇心旺盛で、近寄って来てくれました。

Dsc_0081

馬のお尻の後ろに近付いてはいけないと、普段私たちはお客様に行っていますが、ここの馬たちはこの通り。

とても穏やかです。

動物ですから、100%大丈夫はありませんが。。。

馬たちと色々話をしました。

ここは景色も絶景で、とても自分がちっぽけに思えます。

広い自然の中で、私なんていい意味でとてもちっぽけで、この自然を前にすれば私なんて何も出来ないと。

それは山登りの時にも感じることですが。

1時間半ゆっくり丘の上で馬たちとの時間を過ごした後は、車で先へ進みます。

Dsc_0088


途中に、「今私、草食べてますけど何か?」的な子がいました。

実はすごい場所にいます。

Dsc_0089

「おーい、落ちないでね。」

Dsc_0090


種を前髪にいっぱい付けて、カメラ目線してくれました。

Dsc_0091


お次は道路に馬。

車のエンジンを止めて窓を開け話しかけると

Dsc_0093

耳を傾けて一生懸命話を聞いてくれました。

さて。

2時間も車で留守番させられていた相棒との時間です。

Dsc_0095

お待たせ。

Dsc_0097

今からこの急斜面を一緒に上がりますよ。

Dsc_0101

あのてっぺんを目指します。

これが結構キツイ。

馬の脚力さすがやわ。

Dsc_0104

てっぺんに到着したら、風太が死んだ。。。

その横で私もぜぇぜぇwobbly

Dsc_0102


しばし一緒に休憩。

なんだか当たり前のように風太がここにいるけれど、この7年。

誰より私のそばにいてくれた相棒。

じっとしていられない性格の私に連れ回され、九州に移住して、職場にもお供してくれて、私が笑っていても、怒っていても、泣いていても、隣りには風太がいました。

ただ黙って私の隣りに。

Dsc_0103

下りはなんか、転げ落ちそうsweat01

Dsc_0106


風太も体力回復。

この後馬のボロ(糞)を食べて、ママに半殺しにされるcoldsweats01

Dsc_0110

怒られた後は、呼んでもこっちを見ません。

この後は都井岬のゲートのおばさんと色々お話して帰りました。

これで今回の心の洗濯終了。

Dscf2603


私の仕事の担当馬。

仕事上ではこの子が相棒です。

Dscf2607

まだ2歳の子ですが、甘えん坊で優しくて、人懐こく、覚えも早い。

お勉強(調教)前や頑張った後は、こうやってハグをします。

私が両手を広げると寄って来て、手を上げると止まる芸も出来たりして。

この子を私の生涯のパートナーとするかどうか。それをとても迷っていました。

完璧にではありませんが、野性馬たちの助言も得て心は決まりました。

とりあえず前向きに。

私の人生、前進あるのみ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

風太7歳になりました

もうかれこれ9ヶ月以上前のことですが。。。

風太、無事に7歳の誕生日を迎えました。

誕生日当日はお休みしてやれなかったので、翌日にお休みを取って遊びに。

長崎に引っ越してきたら、やたらと海に行く機会が増えました。

P1000606

長崎の海は基本的に水がキレイですが、ここはその中でもキレイだと聞いて訪れました。

P1000607

駐車場にはネコさん家族が。

これでも全頭ではなく、ここまでいると恐怖すら感じる。。。

P1000613

P1000616

風太は海は喜びはするものの、川ほどではなく、まぁチャパチャパって感じで遊びます。

P1000618

散策の方がお好きなよう。

P1000621

トンネルがあれば、通りたくなるのが世の常(笑)

P1000623

ペットボトルに棒が刺さっていれば抜きたくなるのも世の常。

P1000630

海で濡れた体を乾かすために芝生広場に放つ。

P1000632

「乾かしてきて。」と母ちゃんに言われて、何をすれば良いのか判らないので、とりあえずウロウロしてみる風太。

P1000598

そして誕生日恒例の牛肉ディナーです。

ヨダレ垂らしながら、これまた恒例の写真撮影に付き合います。

P1000604

そしてある苦い出来事が起こってから、誕生日ケーキは買うものと心に決めたので、市販のロールケーキです。

来年のお誕生日も元気で迎えられますように。

これからも私の良き相棒でいて下さい。

おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

久しぶりの山登り

こっちに引っ越してきて仕事を始めたら、最初は体が付いてこなくてお休みの日はぐったり。

とりあえず近場でお散歩済ませてました。

1ヶ月経って心身ともに余裕が出て来たので、お休みの日に久々に相棒と登山行きました。

今回の行き先は雲仙。

P1000527

まずはドライブインに止まって写真撮影です。

長崎に引っ越して来てからは、毎日海を目にします。

次は展望台で。

P1000528

今日はあの山を目指します。

P1000534

風太の撮影も忘れずにね。

P1000535

登山口に温度計があって、写真では全く見えてませんがマイナス5度でした。

風も強くてめっちゃ寒かった。

P1000539

相棒も準備OKで登山開始です。

P1000540

久しぶりの山登りなので、風太はとっても嬉しそう。

元気いっぱいい登って行きます。

P1000543

P1000546

そして必ず笑顔で待っていてくれます。

 

P1000551

どんどん高度を上げて行って、駐車場がもうあんなに小さくなりました。

P1000552

風太と相反して登山久しぶりの私はぜぇぜぇ息切れ。

実は2日前まで発熱で寝込んでました。。。

でも景色を見ると頑張れる。

P1000555

なんだかんだで一つ目の山頂に到着。

そこから次の山を目指して歩いて行くと、突然景色が変わりました。

P1000560_2

あたり一面雪化粧です。

P1000558

風太はあっちへゴロゴロ、こっちへゴロゴロ。

P1000568

樹氷の間から見る景色は、とても美しかったです。

風はめちゃくちゃ冷たいし、耳は痛いしでめげそうになりましたが、風太を見ると毎回可愛いお顔で見上げてくれるので、気を取り直して先へ。

P1000571

リードが無いとなぜかお利口な風太は、人とのすれ違いもしっかりこなし、狭い道では私の後ろを歩き、なんとも自慢の相棒ぶりを見せてくれました。

P1000573

寒いけど、一面雪と氷の世界はとっても神秘的。

P1000579

その間から覗く青い空も、これまた美しかった。

そして二つ目の山頂を目前にして、そびえ立つ岩が私と風太を待ち構えておりました。

P1000582

私は垂らされているロープと鎖が頼りです。

無理はしないように、安全第一で進みます。

風太は最初は怖がっていましたが、私がしっかりハーネスを握って持ち上げているうちに、進んでくれるようになりました。

それにしたって鎖やロープを片手で掴んで、30kg近い風太を片手で持ち上げるのは至難の業だった。。。

P1000583

 

そして無事、山頂に到達です。

P1000585

頑張った後で二人で見る景色は最高でした。

P1000593

笹の下通ったら雪だらけ。

下りも大変だったけど、二人で協力しながら下って無事下山。

その後は冷えた体を温めるため温泉へ。

P1000596

こんなのあったから風太も入りました。

私も温泉でほっこり。

九州は温泉いっぱいあって良いわぁ。

体は疲れたけど、なんだかとってもリフレッシュ。

またお出かけしようね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

年女の第一歩

あんまりにもブログ放置しすぎてもう誰も見てないだろうけど、誰かが「そう言えばあきちゃんと風太って生きてるの?」って思ってここを覗きにくることがあったら知ってもらえれば良いかなーということで、記事書いておきます。

今年は午年。

そして私は年女。

このなんともグッドなタイミングに人生の第一歩を踏み出しました。

とりあえず勉強頑張ってコレ↓取得(*^^)v

P1000516

画像は出せないけど、かなり筋トレも頑張って腹筋割った(*^^)v

まぁこれは新しい仕事のためと言うよりは、風太というこれからシニア期に入る大型犬を女手で守って行くためです。

1年間、多少のケガはしたけど下積みのつもりで大好きな動物と関わってきました。

そして今住んでる家から徒歩5分の場所。

131229_130255

131229_130717

131229_131246

車でちょっと行った海水浴場。

Dsc_0266

とっても水がキレイな海です。

そしてはしゃぐ相棒

140115_160209


Dsc_0265

家の近くに温泉なんかもありまして、とても静かな良いところ。

そのお風呂からは静かな湾の景色が見えます。

140115_151941

そして何より!!

とにかく魚介類、野菜が新鮮で美味しい。

140128_124106

こちらはブリ丼なんですが、スーパーのお魚も煮魚用とか調理用ではなく、お刺身用がいっぱい。しかも聞いたことないようなお魚もいっぱい。

試してみるけどハズレなし♪

お野菜も道の駅がすぐそこにあるので、農家の方が持ち込んでる新鮮野菜が安く買えちゃいます。

海に遊びに行ったら、フツーにこんなのいっぱい落ちてたりして、いいのか?って感じです。

140128_132838

そしてお山もたくさんあります。

140128_144327

140128_143047

芝生広場で満足してぶっ倒れる相棒( ´艸`)

そして私の今の職場。

P1000500

朝出勤したら見える景色。

Dsc_0303

夜はこんな感じ。

140116_115602

そして体重1トン近くもあるこんなのが引っ張ってる

Dsc_0253

こんなの御者(馬車を走らせる人)したり。

P1000508

乗ってみたり、お世話したりの毎日です。

年女の私にはかなーりハードですが、馬が可愛過ぎて頑張れてます。

そしてゴールデンウィーク過ぎてからの夏の半年間の仕事場はこんなとこ。

Img_4652

周りは何もありません。

自然しかありません!!

私の住まいの寮の窓から見える景色。

右側はこんな感じで

Img_4643

左側はこんな感じ

Img_4644

放牧中の馬たちが見えちゃいます。

朝早いし、体力勝負のお仕事なので「もう少し寝たい。」とか思うこともありますが、窓開けてこれ見ちゃうと、「あー、あの子たちに今日も会いたい。触りたいー!!」って思って出勤しちゃうわけで。

ここは家族で経営されている牧場なのですが、私が研修生として働き始めた時には見向きもしなかった馬たちが、1ヶ月経つ頃には私が出勤するとぞろぞろーっと広ーい放牧地から集まって来て

Img_4649

Img_4650

って感じで寄ってくるわけですよ。

たまらん。。。(≧m≦)

そして私の相棒さん。

私のお仕事中はしっかり看板犬のお手伝い。

Img_4634

本当の看板犬はこの子たちなんですけどね。

Img_4697

風太は持ち前の腰の低さ(?)でこの子たちとも仲良くなりました(o^-^o)

そして相棒さんの朝のお散歩コースはこんなとこ。

朝暗いうちに出勤しなくてはならない日は、風太には我慢してもらってますが、それ以外は頑張ってお散歩。

だってこんな贅沢な散歩コースないもんね。

Img_4668

Img_4671

Img_4680

Img_4684

買い物するの困ります。ガソリン入れるの困ります。病院?そんなもんあったっけ??

でも!!

お散歩には困りません(笑)

風太との生活。

お仕事中繋いでる時以外はリードいらずです。

そして私のお仕事。

P1000399

牧場のボス(右)とお客様と一緒にトレッキング

P1000405

P1000421

P1000432

大草原の中を爆走するのは、もう口では言い表せない気持ち良さです。

お客様の人数が増えると先頭のガイドだけではお客様全てに気を配ったり、安全を確保したり出来ないので、間にサブガイドとして入ったり、一番後方から列を見守ったり、乗馬レベルの違うお客様の間に入って、前半の集団のお客様は駆け足しても、私から後ろのお客様は歩いたままにしたり。

Img_4703

風太と暮らして、犬の素晴らしさを知りました。

そして馬と関わって、その素晴らしさも知りました。

馬の背に乗っていて、例え歩いているだけでも背上の私が判断に迷えば馬も即迷います。

私が躊躇すれば馬は自分の決めた道を進んでしまいます。

そして私が愛せば、ちゃんとそれを分かってくれます。

でも「正しく叱れない人」は馬に愛されることが出来ないことも学びました。

もちろん恐れさせるのではなく、「正しく叱る」のです。

この心の駆け引きは、風太との暮らしがなければ私には理解出来なかったと思ってます。

Img_4704

最初は2年ほど前に風太と二人旅でこの牧場にお客さんとして訪れました。

その時にピンと来る出会いをしたのがこの牧場のボスとママです。

それから連絡を取り合い、私を研修生として受け入れてくれ、その研修最終日に家族以外の他人は雇わないと言っていたボスが、私に繁忙期の夏の間だけで良ければうちで是非働かないかと言ってくれました。

風太を見ていてもこの環境でお散歩する風太は活き活きとしていて、広い草原を走る姿に毎朝感動していました。

そして提供して下さった寮も風太と暮らせるし、仕事場でも一緒にいられます。

一日の仕事を終えて、馬たちを放牧し、ボスが運転する軽トラの荷台に乗って牧草を撒くと、馬たちが走って付いてくる。

そしてゆったり牧草を食む姿を放牧地の真ん中で見ていると、これまた意味もなく涙が出てくるような感動を毎日味わえました。

夏と冬、半年間ずつの移動生活にはなるけれど、1年を通じて馬と関わることが出来て、馬車も乗馬も学べて、風太とも暮らせて、それで生きていけるならこんなに幸せなことはないです。

今まで遊んでくれたお友達とは、なかなか遊ぶ機会は無くなってしまったけど、どちらも観光地&犬OKなので、遊びに来た際は是非会いに来て下さいね。

あきちゃん&風太 守り守られの相棒生活はまだまだ続きます。

ちなみにコイツらも、もちろん一緒です。

131230_203314_2

140105_000238

長距離引っ越しの移動で、なんだか仲良くなったおふたり(*^m^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

相棒と馬旅

今年も風太と九州ふたり旅してきました。

とりあえず鳥栖で、晩ご飯。

130616_204213

新鮮な馬刺し

130616_204329

これまた新鮮なお刺身たち

130616_204611

これまた新鮮な透明なイカさん

まずは鹿児島目指してドライブ。

130617_082953

朝にはお目当ての牧場へ。

朝から3時間ほど牧場の人たちと一緒に放牧されている馬たちのお手入れと飼い付け(エサやり)をします。

お仕事なので写真はなし。

Img_4107

お昼休憩を1時間入れて、午後からは2時間の外乗へ。

牧場で飼われているゴールデンさん。

風太とも仲良くしてくれました。

Img_4113

馬たちの放牧地をゆったりお散歩してみました。

その後はキャンピングカーで昼食。

Img_4111

車の外にも馬さんがウロウロ。

Img_4112

風太も窓から興味津々。

午後から2時間草原の中を馬と走り、楽しい時間を過ごしました。

夕方はお利口に待っててくれた風太に少しだけどご褒美。

Img_4129

誰もいない芝生広場で遊びましょう。

Img_4132

Img_4133

しばらく駆けっこして遊びました。

お次は海

Img_4139

もうかなり陽は沈んでしまってるけど、誰もいないからあそぼー!!

Img_4150


リード離すと

「遊んでもいいですか?」と笑顔で確認。

どうぞどうぞ。

Img_4145


広い砂浜を独り占め。

Img_4153

走れ走れーdash

130617_201538_2

夜は道の駅で温泉に入って、鹿児島の黒豚とんかつをいただきました。

で風太と就寝。

翌日の朝もすっきりとした気持ちの良い朝。

Img_4156

風太とコットを出して、しばらくぼーっとしました。

そして今日の目的のために移動。

途中海辺の芝生広場を見つけたので、ちょっと風太のお散歩。

Img_4159

いつも嬉しそうな顔してくれるよね^m^

暑い日だったので海でも遊びました。

Img_4170

とりあえずザブーンと体を濡らしてクールダウン。

Img_4172

お顔を突っ込んで

Img_4173

サンゴ拾ってビョーンと走る。

Img_4166

気持ちいいねーshine

で、今日の目的地は前回は真冬に訪れた都井岬

春には出産ラッシュだって聞いてたので、野性馬たちの赤ちゃんを見たくて再び訪れました。

Img_4190

いたいた、赤ちゃんlovely

Img_4193

風太と「はじめまして」のご挨拶kissmark

しばらく進むと、ホテルから馬がcoldsweats02

Img_4202_2

ちゃんと支配人はお見送り(笑)

Img_4205_2

支配人は面長のイケメンheart04

Img_4206

Img_4208


コントはさておき、都井岬は色んなところに野性馬がうろうろ。

Img_4220

階段下りようと思ったら下から仔馬ちゃん

Img_4228

草むらにもお馬さんがこっそり潜んでたり。

なんかたのしーnote

Img_4209_2

丘の上からの景色は、やっぱり最高。

Img_4232


お天気良くてとても暑かったので、風太は涼しい車でお留守番してもらって、私は馬たちの園へ。

Img_4246

うわー、いるいるhappy02

Img_4237

あっちこっちに親子がいました。

Img_4262


どこの群れも、ちゃんと仔馬をお父さんとお母さんが守ってました。

Img_4269

この2頭は仲良しで、ずーっと一緒にいました。

Img_4273

パパとママがいれば、仔馬ちゃんはこーんなにリラックスconfident

もう少しお近づきになりたかったので、この家族の近くに座って話しかけてみました。

Img_4277

しばらくすると仔馬ちゃんが挨拶に来てくれました。

とりあえずこちらからは何もせず、馬さんのアクションを待ちます。

Img_4283_3

うぉー、超接近lovely

洋服の袖を引っ張って「遊ぼう」って来てくれました。

野性馬なのになんてフレンドリー。

可愛いなぁ。

誰もいない野性馬の丘で癒されて車に戻りました。

その後は用事があって長崎へ移動し、大阪へ帰りました。

やっぱり九州最高。

馬最高。

そして相棒最高!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

ふたり旅

私は平日がお休みで、しばらくキャンピングカーが無くなる予定だったので、風太と旅してきました。

月曜日の夜から出発して2泊2日の旅。

Img_4009

寝ていたPA。

平日だからか、朝起きたら一台も車がいなかった。

そしてとっても良いお天気sun

Img_4011

おはよう風太。

2日間よろしくね。

暑かったので、頑張って目的の川へ走りましたrvcardash

Img_4017

到着したのは島根県のとある川。

ちょっとした深みが一か所あるだけで、ちょっと期待外れ(ノ_-。)

そしたら地元のおじさんが声かけてきて、遊べるポイントを教えてくれました。

Img_4023

おー、良い場所じゃないですか(v^ー゜)

しばらく石投げて遊んで、風太が「もう帰る」って言ったので撤収。

そして今日の御宿になる道の駅へ移動しました。

Img_4042

周りはとても素敵な田園風景だったので、風太とお散歩。

Img_4044

たくさんのお米の苗からは何か力をもらえる気がします。

この日は道の駅でお風呂入って、ご飯も食べて、風太と道の駅の駐車場に椅子を出してまったり過ごしました。

翌日は出雲大社に向けて走ります。

途中でお昼ご飯食べようと思って行った道の駅で、海辺に下りられる階段を見つけたので、ちょっと遊びます。

Img_4059

高めの波にビビる風太(≧m≦)

Img_4068

そしてしばし様子見

Img_4057

慣れてしまえば嬉しそうに遊んでました。

Img_4065

浅い水たまりで温泉を楽しむ。

私も触ってみたけど、この水たまりの水は温かかった。

Img_4073

そしてやって来ました 出雲大社。

Img_4077

Img_4080

Img_4090

おみくじがいっぱいで木が見えない。

Img_4099

初詣くらいしか神社とかって行かなかったけど、風太と静かに神社に訪れるのも悪くないかも。

あとはビューンと車を走らせて帰宅。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

川探しハイク

この日は川探しを兼ねてハイキングに行きました。

Img_3924

では出発しましょう。

後ろ見て、前見たら風太がいない。

Img_3926

ってコラannoy

まぁ仕方ないけどさ。

Img_3928

楽しそうだからOKでしょうgood

Img_3931

では先へ進みましょう。

Img_3935

風太くん、服を着替えて再登場shine

Img_3938

下を覗けばとってもキレイなお水。

Img_3939

それを見ちゃったら行かなきゃ気の済まない1頭と1人happy02

Img_3942

風太くん即入水。

Img_3950

いいなぁ、気持ち良さそう。

でもさすがにまだ私が入水するには寒い(。>0<。)

Img_3953

下りる時は自分でサーっと走ってったくせに、上がる時はひとりで上がれない風太を救出中。

Img_3973

滝もあったりして

Img_3971_2

下のお水もキレイ。

Img_3962_2

またまたキレイなプール発見。

Img_3964

またまた入水。

Img_3968

長ーい木の枝運んだりして楽しそうに遊んでました。

ちょっと歩いたらきれいなプール見つけたりして下りるもんだから、なかなか先へ進まないsweat02

その先へ進んだら、どうやっても川を渡らなきゃいけない場所があって、頑張って行ってみたけど職場にいつもの長靴忘れてきて今回は短い長靴だったので浸水(ノ_≦。)

ジーパンびちょびちょになって気持ち悪かったので、今回はここで終了。

折り返して車に帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

淡路で海

あー、やばいやばい。

ブログ、4月中旬で放置になってるsweat01

私の休みが土日じゃ無くなったり、仕事で遠征してたりパソコンから離れてたしなー。

ちょこちょこ溜まってる記事、またボチボチアップしなくっちゃ。

この日は淡路島へ久しぶりに遊びに行きました。

                                

でもいつもは海には来ないんだけど、なんでこの時は海で遊んだんだろう?

ブログ放置し過ぎて記憶がなーい┐( ̄ヘ ̄)┌

Img_3900

お水遊び大好きな風太くんは嬉しいけど、川と違って波があるからいきなり飛び込んだりはしません。

いつも慎重(笑)

Img_3905

野球ボールを拾ったので、それを投げて遊びました。

Img_3910

ボールを咥えてる風太の口がなんか好き。

Img_3916

レトリーブしてはボールを置いて「投げて」とアピール

Img_3907

こっち向かって帰ってくる風太が可愛くて待ってるんだけど、なぜか風太はいつも直前で方向転換して、少し離れた所にボールを置くcoldsweats01

Img_3914

写真見たらどの写真も風太が笑ってるから、きっと楽しかったはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

林道の続きへ

今日はとても良いお天気で、でも暑過ぎずハイキング日和。

2週間前に見つけた林道を終点まで歩いてみることにしました。

Img_3850


今回は通行止の手前まで車で入って行ってハイキングスタート。

Img_3853

フリーにしたら、早速下の川へ下りて行きました。

Img_3858

ハイキング開始すぐからこの笑顔。

Img_3859

ご機嫌に進んで行きます。

Img_3862

木の枝かじって遊んだりしながらのんびり歩きました。

Img_3865

舗装路が終わって山道になり

Img_3869

川もなくなって乾いた雰囲気。

そしていつの間にか軽い登山ぽくなっていましたsweat01

Img_3873

そしてなんだかこんな景色の良い場所に出ました。

ここはパラグライダーの離陸場所でした。

Img_3875

Img_3876

Img_3877

風に乗ってキレイに飛び立って行きました。

Img_3881

上昇気流を捕まえて、気持ち良さそうに周っています。

Img_3884

風太と景色を眺めてのんびり

Img_3886_2

とってもお気に入りの1枚heart04

Img_3896

そしてまた山を下りながら歩きます。

Img_3897

3時間くらいの散歩となりましたが、山歩きしながら川にも入れるこのコース、風太はとってもお気に入りなようです。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

«早すぎた日曜日