« 寝正月なんてあり得ない 1 | トップページ | 寝正月なんてあり得ない 3 »

2013年1月 1日 (火)

寝正月なんてあり得ない 2

朝暗いうちから起きだして、今日は人生初の初日の出を拝む予定。

早起き苦手な私は、初日の出見たいなんて思ったことなかったんですけど、せっかく宮崎まで来ているのでと、頑張ることにしました。

Img_2636

暗い展望台までの道を懐中電灯持って歩きます。

展望台は海にせり出した場所にあるもんだから風が強くて寒い寒い。

Img_2633


7時前から少しずつ水平線の向こうが明るくなってきました。

Img_2648

来た来たお日様。

Img_2649

Img_2651


ん?

終わった。。。sweat01

残念なことに雲が多くて数センチしか初日の出拝めず。

周りにいた人たちも「・・・。」って感じで、駐車場へと帰って行きました。

でも初日の出は初日の出sun 雨より全然まし。

キャンピングカーに戻ったらご飯炊いて、お味噌汁作って(インスタントだけどcoldsweats01

昨日唐戸市場で買ったイクラとウニとマグロで贅沢海鮮丼scorpius

Img_2659

ウニ、超甘いhappy02

おいしー。

Img_2660


風太にもマグロと白米をお裾わけ。

次に向かった先は青島の神社です。

Img_2662


たくさんの初詣客で賑わっていました。

Img_2666

石碑の前で記念撮影したけど、風太が全然こっち向いてくれない。

実は罰当たりにも、この石碑の後ろに隠れて立ち○ョンしてるおっさんがいて、それを風太が気にしています。

石碑の前に来ればおっさんは見えないけど、横からは丸見えsweat02

Img_2668

お参りするための長い列。

Img_2671


風太もとってもお利口に並んでるけど、ちょっとお疲れ気味。

ごめんね、もうすぐ終わるからね。

Img_2673


今年ももちろん家族の健康をお祈り。

風太もちゃんとお祈りした?

Img_2675


鳥居の前で撮影。

Img_2678

鬼の洗濯板と呼ばれる波状の岩。

鬼の洋服は丈夫なんだねぇ。

Img_2682


青島の周りは遊歩道があって島を一周出来ます。

誰もいなかったので頑張ってお参り付き合ってくれた風太のご褒美。

Img_2681

嬉しそうにしてくれるねぇ。

ママも嬉しいよ。

Img_2685


Img_2687


Img_2688

普段は海ってわざわざ行かないから、なんか新鮮。

しかも砂浜はキレイな貝殻がいっぱい落ちていて、柄にもなく貝殻拾いなんかしちゃいました。

気付けば2時間も滞在。

そして道の駅フェニックスで念願のチキン南蛮を。

130101_141907

パパは日向鶏の炭火焼定食

130101_141922

お肉は柔らかいし、味も文句なしに美味しい。

チキン南蛮好きの私は、大満足。

パパの炭火焼も歯ごたえもしっかりしてて最高。やっぱり九州は何食べても美味しいなぁ。

この後マンゴーソフトクリームも食べたけど、昔沖縄でマンゴージュース飲んでマンゴー嫌いになった私が「おいしい」って思ったhappy01

腹ごしらえして、車をビューンrvcardashと走らせて向かった先は、これまた私の念願の都井岬。

Img_2697

なんだか神秘的な雰囲気を醸し出してるこの岬は、野性馬が見られます。

Img_2694


私は動物全般に好きだけど、特に草食動物が大好き。午年だからなのかなぁ、その中でも馬という動物が大好きです。

哺乳類の中で一番目が大きいけど、とても優しい目。

筋肉と言うか全体のフォルムの美しさ。

そしてとても敏感に人間の感情を感じ取る繊細さ。

全てがたまらなく好き。

岬内には車道があって、その脇の小高い丘の上にたくさんの野生馬たちがいます。

Img_2703

どこまでも広がる空も素晴らしく、「やっぱり地球って丸いんだなぁ」と思いました。

他の観光客の人たちは車道の脇に車を止めて丘の上の馬たちの写真を撮っていました。

でも私はどうしても近付きたくて丘の上へ。

Img_2707

馬たちは枯れ草の下に生えている青い草を食べるために、一生懸命上の枯れ草を食んでいました。

その音の心地良いことったらconfident

私はハイキングも登山も大好き。

もちろん歩くことが好きだっていうことが前提ですが、『自然界にお邪魔する』という行為が好きです。

自然に入るってことはとても怖いことでもあり、でも受け入れてもらえたらとても幸せ。

私たち人間が勝手に登山道とかハイキングコースを作ったりしているけれど、そこは自然の中であり、先住している動物たちなんかもいるわけで。

だからハイキングや登山をする時、私は必ず「おじゃまします」と挨拶します。

滑りそうな場所なんかで木の幹や枝を支えにする時も「ちょっと体借りるね」と声を掛けます。

Img_2704_2

野性の馬たちはブラッシングしてもらってるわけでも、洗ってもらってるわけでもないだろうけど、とても美しかったです。

Img_2708

海沿いの丘の上は、飛ばされそうなほどの強風でしたが、馬の魅力に取り憑かれたかのように写真撮りまくってしまいました。

とにかく美しい。

Img_2713

Img_2716

強い風の音と、馬たちが草を食む音しかしない丘。

野性の世界にお邪魔してる感じが、なんともたまらない。

Img_2719

私が写真撮りまくってる間の風太coldsweats01

そして、もっともっと近づきたくなっっちゃってパパにカメラを預けて馬の元へ。

Img_2727

私が「ほんまあんたたち素敵やねぇ。すっごいキレイ」って話しかけてると、耳だけ私の方に向けて情報収集。

Img_2728

しばらくしたらもう一頭も近付いて来てくれて、くんくんしてくれました。

Img_2731

風太も一生懸命匂いを嗅いで情報収集。

Img_2734_3


とにかく風が強いので、海面も波打ってる。

Img_2739_2

風太の耳も後ろに流されてます。

強風回避のためにも丘の下の方の群れに会いに行くことにしました。

Img_2745

Img_2746


こっちの群れには仔馬もいました。

やっぱり子供は好奇心が旺盛みたいで、風太のこと気にしてます。

Img_2747

風太はずっと前から馬を気にしてます(笑)

そうそう、風太も草食動物大好きなんです。

Img_2751

大きな馬とご対面。

穏やかとは言えど野生馬なので、とにかく馬の後ろには行かないように注意してゆっくりお見合い。

Img_2755

ちょっとずつ近付いてくる馬さん。

風太、ちょっと緊張。

Img_2757

お互い遠慮しながらもお近づきに。

Img_2758


Img_2760

そして友好条約成立heart01

動物同士はいいなー、羨ましい。

Img_2762

その直後、必死に牧草食べる風太。

もしかして馬に「牧草食べていいよ」って言ってもらったのかな。

Img_2770

あんまり長居して馬にも風太にもストレスかかっちゃいけないので、この辺で撤退。

なんて素敵な場所なんだろう。絶対ここはまた訪れたいです。

Img_2772

記念撮影しようと思ったけど、強風で風太の顔が変てこなことに^m^

Img_2779

今度は大丈夫。男前だよ。

Img_2776

なんか本当に神秘的な気持ちになった場所でした。

なんて素敵な年明けshine

そして今日のお泊まり予定のキャンプ場へ移動。

電源サイトで充電したかったので。

そして近所のホテルのバイキングで晩ご飯を食べて、お風呂に入ろうと思ったら、なんとこのバイキング。

通常は2000円なのに、お正月料金とやらで6000円∑(゚∇゚|||)

即効辞退してホテルを後にしました。

周りにお店などなく、あえなくコンビニ弁当になってしまった。。。

温泉はキャンプ場と提携している温泉にのんびり入ることが出来ました。

キャンプ場でストーブ炊いて外で満点の星空見ながらコンビニ弁当って思ったら、海辺で風が強くて寒かった_| ̄|○

とっととお弁当食べて、キャンピングカーの中へ。

Img_2785

今日はお正月なので日本酒で乾杯。

味など全く分からず瓶に一目惚れして買った日本酒(o^-^o)

でも甘口で飲みやすかったです。

そして今日はキャンプ場で就寝。

|

« 寝正月なんてあり得ない 1 | トップページ | 寝正月なんてあり得ない 3 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1768234/48619591

この記事へのトラックバック一覧です: 寝正月なんてあり得ない 2:

« 寝正月なんてあり得ない 1 | トップページ | 寝正月なんてあり得ない 3 »