« 2014年3月 | トップページ

2014年11月

2014年11月27日 (木)

ギリギリ間に合った?

そう言えば今年はまだ紅葉見てないなぁと思い立ち、風太とお出かけしてきました。

ネットで見ごろ情報を調べると、長崎はもう落葉してしまっているようで、福岡県に向かいました。

福岡って以外と近くでビックリ。

Dsc_0016_3

駐車場に車を停めて、もみじ谷と書かれた道を登ります。

でも、昨日の雨でかなり落葉してしまっていました_| ̄|○

Dsc_0010_8


まぁ風太にはそんな事関係ないわけで。

意気揚々と山道を登ります。

Dsc_0013_2

所々葉が残っている木もありましたが、近づいてみると拡大では撮影出来ないほど色褪せていたりして。。。

でも落葉のおかげで、きれいな絨毯のお写真が撮れました。

Dsc_0009

黒い犬が映えますね。

Dsc_0018

ススキ野原の向こうには大宰府の町並み。

長崎と違ってやっぱり都会です。

Dsc_0022


Dsc_0023

山も空も街もきれい。

今年の春・夏は、休日が雨の日に当たってしまうことが多かったのですが、秋は晴れの日に当たることが多くてラッキーです。

Dsc_0028

レッドカーペットの階段で撮影。

Dsc_0029

全体的にはこんな感じ。

少し場所を移動して小川沿いを歩いたら、キレイな場所を見つけました。

Dsc_0030

風が吹くと何枚かのもみじが降ってきて、その中の1枚が風太の上に。

それを見た私が「うわ、可愛い~。」って言ったらこのお顔。

Dsc_0031_2

普段から可愛い×2言い過ぎて、可愛い=自分のことだと判っているようで(^_^;)

Dsc_0035

少し行った橋の上から。

次は少し移動して、黄色の絨毯を目指します。

Dsc_0042

私が好きな風太。

風に耳がなびいているのが大好きなんです。

Dsc_0043


もちろん、顔が一番好きですよ。

Dsc_0044

銀杏の木の陰に黒猫ちゃんと白猫ちゃんがいました。

Dsc_0047

爪とぎ中ですが。

じっと見ると、白猫ちゃんの口周りは血だらけsweat01sweat01sweat01

えっと、何かご馳走食べた後なのね。。。

落葉はしてたけど、まぁ紅葉には間に合ったかな。

とりあえず風太とお出かけできたので納得です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

心の洗濯

旅行で何回か九州を訪れて、風太と二人旅でも九州に訪れて、好きな場所で好きな仕事が出来るとなって思い切って移住したのが1年前。

もちろん楽しいことばかりではありませんでした。

人生の中で一番苦しかった時期もあったと言っても過言ではなかったかもしれないこの1年。

でも一番充実していたかもしれないこの1年。

得たもの、失ったもの色々ありました。

11月2日に誕生日を迎え、新たな人生の岐路に立ちました。

ある人に私の良い所は、素晴らしいリセット機能を兼ね備えているところと、褒められてるのか貶されてるのか分からないことを言われたことがあります(笑)

迷った時はここ。と決めている場所があります。

私が日本の中でも一番好きかも知れない場所。

Dsc_0057


宮崎県にある都井岬です。

もう何度も訪れている場所ですが、今回は馬たちに聞きたいことがあって訪れました。

長崎の私の自宅からは車で6時間弱。

初めて風太とスパイクで車中泊して行きました。

朝6時過ぎ。

まだ陽が昇っていない時間に訪れてみました。

Dsc_0037

毎回そうですが、ここは風の音と馬たちが草を食む音しかしません。

カメラだけを持ち、ここと決めた場所に腰を下ろしました。

Dsc_0058


Dsc_0073

いつもは飼育馬と関わっていますが、ここにいるのはみな野性馬。

ここに来ると、とにかく馬たちの邪魔をしないように、自然に溶け込むように心掛けています。

Dsc_0042

私は決して動かず、近付いて来てくれた子と話そうと決めていました。

Dsc_0054


この2頭はとても仲良しで、ずっと2頭一緒。

Dsc_0083


去って行くのも2頭一緒happy01

Dsc_0077


この美人さんは多分まだ1歳くらいだと思います。

仔馬なので好奇心旺盛で、近寄って来てくれました。

Dsc_0081

馬のお尻の後ろに近付いてはいけないと、普段私たちはお客様に行っていますが、ここの馬たちはこの通り。

とても穏やかです。

動物ですから、100%大丈夫はありませんが。。。

馬たちと色々話をしました。

ここは景色も絶景で、とても自分がちっぽけに思えます。

広い自然の中で、私なんていい意味でとてもちっぽけで、この自然を前にすれば私なんて何も出来ないと。

それは山登りの時にも感じることですが。

1時間半ゆっくり丘の上で馬たちとの時間を過ごした後は、車で先へ進みます。

Dsc_0088


途中に、「今私、草食べてますけど何か?」的な子がいました。

実はすごい場所にいます。

Dsc_0089

「おーい、落ちないでね。」

Dsc_0090


種を前髪にいっぱい付けて、カメラ目線してくれました。

Dsc_0091


お次は道路に馬。

車のエンジンを止めて窓を開け話しかけると

Dsc_0093

耳を傾けて一生懸命話を聞いてくれました。

さて。

2時間も車で留守番させられていた相棒との時間です。

Dsc_0095

お待たせ。

Dsc_0097

今からこの急斜面を一緒に上がりますよ。

Dsc_0101

あのてっぺんを目指します。

これが結構キツイ。

馬の脚力さすがやわ。

Dsc_0104

てっぺんに到着したら、風太が死んだ。。。

その横で私もぜぇぜぇwobbly

Dsc_0102


しばし一緒に休憩。

なんだか当たり前のように風太がここにいるけれど、この7年。

誰より私のそばにいてくれた相棒。

じっとしていられない性格の私に連れ回され、九州に移住して、職場にもお供してくれて、私が笑っていても、怒っていても、泣いていても、隣りには風太がいました。

ただ黙って私の隣りに。

Dsc_0103

下りはなんか、転げ落ちそうsweat01

Dsc_0106


風太も体力回復。

この後馬のボロ(糞)を食べて、ママに半殺しにされるcoldsweats01

Dsc_0110

怒られた後は、呼んでもこっちを見ません。

この後は都井岬のゲートのおばさんと色々お話して帰りました。

これで今回の心の洗濯終了。

Dscf2603


私の仕事の担当馬。

仕事上ではこの子が相棒です。

Dscf2607

まだ2歳の子ですが、甘えん坊で優しくて、人懐こく、覚えも早い。

お勉強(調教)前や頑張った後は、こうやってハグをします。

私が両手を広げると寄って来て、手を上げると止まる芸も出来たりして。

この子を私の生涯のパートナーとするかどうか。それをとても迷っていました。

完璧にではありませんが、野性馬たちの助言も得て心は決まりました。

とりあえず前向きに。

私の人生、前進あるのみ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ