人間

2014年11月16日 (日)

心の洗濯

旅行で何回か九州を訪れて、風太と二人旅でも九州に訪れて、好きな場所で好きな仕事が出来るとなって思い切って移住したのが1年前。

もちろん楽しいことばかりではありませんでした。

人生の中で一番苦しかった時期もあったと言っても過言ではなかったかもしれないこの1年。

でも一番充実していたかもしれないこの1年。

得たもの、失ったもの色々ありました。

11月2日に誕生日を迎え、新たな人生の岐路に立ちました。

ある人に私の良い所は、素晴らしいリセット機能を兼ね備えているところと、褒められてるのか貶されてるのか分からないことを言われたことがあります(笑)

迷った時はここ。と決めている場所があります。

私が日本の中でも一番好きかも知れない場所。

Dsc_0057


宮崎県にある都井岬です。

もう何度も訪れている場所ですが、今回は馬たちに聞きたいことがあって訪れました。

長崎の私の自宅からは車で6時間弱。

初めて風太とスパイクで車中泊して行きました。

朝6時過ぎ。

まだ陽が昇っていない時間に訪れてみました。

Dsc_0037

毎回そうですが、ここは風の音と馬たちが草を食む音しかしません。

カメラだけを持ち、ここと決めた場所に腰を下ろしました。

Dsc_0058


Dsc_0073

いつもは飼育馬と関わっていますが、ここにいるのはみな野性馬。

ここに来ると、とにかく馬たちの邪魔をしないように、自然に溶け込むように心掛けています。

Dsc_0042

私は決して動かず、近付いて来てくれた子と話そうと決めていました。

Dsc_0054


この2頭はとても仲良しで、ずっと2頭一緒。

Dsc_0083


去って行くのも2頭一緒happy01

Dsc_0077


この美人さんは多分まだ1歳くらいだと思います。

仔馬なので好奇心旺盛で、近寄って来てくれました。

Dsc_0081

馬のお尻の後ろに近付いてはいけないと、普段私たちはお客様に行っていますが、ここの馬たちはこの通り。

とても穏やかです。

動物ですから、100%大丈夫はありませんが。。。

馬たちと色々話をしました。

ここは景色も絶景で、とても自分がちっぽけに思えます。

広い自然の中で、私なんていい意味でとてもちっぽけで、この自然を前にすれば私なんて何も出来ないと。

それは山登りの時にも感じることですが。

1時間半ゆっくり丘の上で馬たちとの時間を過ごした後は、車で先へ進みます。

Dsc_0088


途中に、「今私、草食べてますけど何か?」的な子がいました。

実はすごい場所にいます。

Dsc_0089

「おーい、落ちないでね。」

Dsc_0090


種を前髪にいっぱい付けて、カメラ目線してくれました。

Dsc_0091


お次は道路に馬。

車のエンジンを止めて窓を開け話しかけると

Dsc_0093

耳を傾けて一生懸命話を聞いてくれました。

さて。

2時間も車で留守番させられていた相棒との時間です。

Dsc_0095

お待たせ。

Dsc_0097

今からこの急斜面を一緒に上がりますよ。

Dsc_0101

あのてっぺんを目指します。

これが結構キツイ。

馬の脚力さすがやわ。

Dsc_0104

てっぺんに到着したら、風太が死んだ。。。

その横で私もぜぇぜぇwobbly

Dsc_0102


しばし一緒に休憩。

なんだか当たり前のように風太がここにいるけれど、この7年。

誰より私のそばにいてくれた相棒。

じっとしていられない性格の私に連れ回され、九州に移住して、職場にもお供してくれて、私が笑っていても、怒っていても、泣いていても、隣りには風太がいました。

ただ黙って私の隣りに。

Dsc_0103

下りはなんか、転げ落ちそうsweat01

Dsc_0106


風太も体力回復。

この後馬のボロ(糞)を食べて、ママに半殺しにされるcoldsweats01

Dsc_0110

怒られた後は、呼んでもこっちを見ません。

この後は都井岬のゲートのおばさんと色々お話して帰りました。

これで今回の心の洗濯終了。

Dscf2603


私の仕事の担当馬。

仕事上ではこの子が相棒です。

Dscf2607

まだ2歳の子ですが、甘えん坊で優しくて、人懐こく、覚えも早い。

お勉強(調教)前や頑張った後は、こうやってハグをします。

私が両手を広げると寄って来て、手を上げると止まる芸も出来たりして。

この子を私の生涯のパートナーとするかどうか。それをとても迷っていました。

完璧にではありませんが、野性馬たちの助言も得て心は決まりました。

とりあえず前向きに。

私の人生、前進あるのみ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

ひとりあるき

昨日はお仕事休みだったので、隣町のバス停の駐輪場に預けたままになっていた原付を取りに行きました。

駐輪場までは家から徒歩50分。

原付に風太を乗せるわけにはいかないので、一人で山道を歩いて行きました。

そしたらなんか、とっても寂しいのです。

いつもポストに行くにも、郵便局行くにも、COOP行くにも私の斜め前には黒くて可愛い風太の後頭部が見えてました。

たまに振り返って「楽しいねぇ。」「まだ帰りたくないよぉ」「木の枝拾っても良い?」って語りかけてくる風太がいない。

一人でお散歩ってこんなにつまらないんだって実感しました。

原付取って帰ったら、早速風太とお散歩しました。

130328_164751

そうそう、この後頭部heart04

昔は一人で歩いてたのに、今は風太と一緒に歩くのが当たり前になってたんだなぁと再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

あけましておめでとうございます。

みなさま、あけましておめでとうございます。

もう5日ですが。。。

今年の風太家は『攻め』と『守り』の一年にしていきたいと思います。

今年も風太家をよろしくお願いします。

そして今年のお正月休みはパパのお休みが長かったので、もうずっと前からお出かけすると決めていました。

行き先は九州。

30日のお昼頃出発して、SAに色々と寄りながら移動の一日。

121230_153043

お昼ごはんは3人分はある大きなお蕎麦をパパと分けて食べ

121230_203922

夜は私は豚の蒲焼丼を、パパはカレー食べてました。

そして明日から旅のはじまりです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

寝正月なんてあり得ない 5

最終日の朝。

今日もとても良いお天気。

Img_2950


まずは朝ごはん。

そして10時頃までお部屋でゆっくり。

お宿のお姉さんに写真撮ってもらいましたが、光の中へ~♪

Img_2955

気を取り直して、風太だけ。

Img_2957_3


あまりにも良いお天気だったので、予定していなかった阿蘇へ。

Img_2964

今まで阿蘇には何回か来たけど、毎回雨だったので。

Img_2965

草千里の池が凍ってスケートリンクになってました。

Img_2966

Img_2967

風太と行きたかったけど、ここは犬NGなので登山道を歩くことに。

Img_2968

Img_2970

さすがに登山するつもりはなかったので、ハイキング程度に歩きます。

Img_2972

動物の足跡がずっと続いてる。

Img_2971

風太さん、完全にひっくり返り。

1時間ほどぶらぶら歩いて、駐車場へ戻りました。

Img_2975

ほんと良い天気。

またまた馬が目に止まったので撮影タイム。

Img_2976

やっぱり馬ってこういう広い草原が似合うよね。

Img_2978

たくさんいた馬の中でもこの子に目を奪われたのでモデルに。

Img_2981

Img_2982

Img_2983

空と山と草原と馬。

スバラシイ。

Img_2984

この子は顔が痒かったらしく、ずっとゴリゴリと鉄柵の棒で顔掻いてました(笑)

Img_2996


そしてこの旅で一番楽しみにしていた場所。

久住連山が美しく見渡せる乗馬牧場へ訪問です。

Img_2995

前回私が風太と2人旅した時に訪れてピンとくる出会いをしてしまった場所です。

その後もやりとりを続け、今回はパパも一緒に訪れることが出来ました。

Img_2999

今回はパパも初乗馬です。

Img_3001

Img_3012

Img_3017

1時間かけて広い草原を馬に乗ってお散歩。

牧場のボスと話してると、すごく元気をもらえると言うか、頑張ろうっていう気持ちにさせてくれます。

この日は出発前からお天気があまり良くない予報だったので心配していたのだけど、とっても良いお天気になってくれました。

ボスも今年に入って今日が一番の良い天気だって。

色々お話して、やっぱり馬が大好きだって確信して、絶対またこの牧場と九州を訪れようって決意して、お別れしました。

ボスが温泉の入浴券くれたので、冷えた体を温めに温泉へ。

帰り牧場の前を通ると、馬たちが放牧されていました。

Img_3021

牧場の向こうには根子岳がキレイに姿を見せてくれています。

Img_3026

あまりにもまた馬たちの草を食む音と放牧された姿を美しかったので、気温マイナス2℃の中撮影。

Img_3031_2

Img_3032

Img_3035

Img_3040

Img_3044

牧場を後にして家路に向けて走っていたら、また素敵な景色を見つけてしまったので撮影。

Img_3045

阿蘇さんが夕焼けに染まってとても神秘的でした。

噴火の煙も見えてます。

Img_3046

Img_3050

そして後ろには薄暗い空にうっすらと見える久住連山

Img_3056


Img_3058

写真撮りまくって満足して、九州の旅が終了。

帰りのSAで鳥天定食食べました。

めっちゃ美味しかったgood

今回はパパがずっと運転頑張ってくれての移動でした。
長い運転お疲れ様。ありがとう。

九州って1回行ったしもういいかって場所じゃなく、行っても行っても良かったからまた来たいって思う場所ばっかりなので、限られた期間の中で行程組むのが大変。

次はどこをどうやって周ろう。

とにかくとても楽しい年明け旅行になりました。

動くの大好き風太家には寝正月はないのだ!!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

『天然』の風に吹かれて

これは決して、「マイナスイオンの中を気持ち良くお散歩してきました。」な記事ではありません。

天然とは↓

Dsc_1371

寒空の下でブランコ乗って喜んでるこの人、ばぁば(私の母)のことです。

とりあえず母は天然です。

一人でボケて事件を起こして、私を巻き込むだけ巻き込んで去って行きます。

私が高校生の頃、ポットのお湯に毒物が混入されていて、そのお湯を飲んだ人が被害に遭ったっていう事件が数件ニュースで報道されていた時期がありました。

母はお風呂に入っていて、突然すごい悲壮感漂う声でお風呂の中から私を呼びました。

「どうしたん?」と慌てて飛んで行くと「歯磨きして口を漱いだら、すごく変な味がした。マンションの水道水のタンクに毒物仕込まれてるかもしれんから、すぐに管理人さんに確認してもらってきて。」と。

私は母のただならぬ様子に驚いて、軽くパニックになりました。心臓もドキドキ。

とりあえず管理人室へ行こうと思ったその時、また母に呼ばれる。

いよいよ救急車呼んでと頼まれるのかと慌てて行ったら

「洗顔で歯磨いてたわ」

って。アホか!!!!!annoy

P1000037
                  文章ばっかりだと疲れるから癒しを^m^

初めて母と海外に1週間の旅行に行った時も、母が体調崩してしまい、「きっと大変な病気や」って自分で言うもんだから(本当は病名も言ったけど、ばぁばの名誉のために病名は伏せますhappy01

ガイドさんに付き添われて夜中に病院に行くことになってしまい、初めての海外でホテルの部屋に一人残された私は、孤独感と母のことが心配で眠れなかったのに、めっちゃアホみたいな診断で(これも名誉のために病名は伏せます)、脱力してしまって怒る気も失せたことがありました。

翌日心配した同じツアーのおばさん達が「お母さん大丈夫やったの?」って聞いてくれたけど、うら若き乙女が恥ずかしくて病名言えるかい!!ってなったsweat02

P1000068

                                              また癒しを^m^

今日も突然携帯が鳴って何かと思ってみれば私からPHSに着信があったから折り返したとのこと。

私電話してないし。ってかPHSの番号知らんしと答えると不安げに「個人情報流出して、誰かにイタズラされたんかなぁ。」って。

結局結末は、PHSにメールが来てそれを開くのにボタン押し間違えてアドレス帳開いたから、先頭に登録されている「あき」が出てきただけのことsweat02

まぁこれは他の友達でも4回同じ目に遭わされたので、とにかくみんな私を名前ではなく名字で登録してくれwobbly

とりあえず、ばぁばよ。

なんでいつも珍事件に私を巻き込むのだ!!

P1000051

                                 またまた癒しを^m^

でもこれ、私もパパを巻き込んで同じことをしているらしい。。。coldsweats01

パパに言わせると、私は母に似ているようで。

付き合った最初の頃に和歌山方面をドライブしていたら『あべこべ団子』って看板がありました。

私が「あれって串が団子に刺さってるのかなぁ?」って言ったらパパに

「たれが団子の中に入ってるの。」って言われたsweat01

後日母に「あべこべ団子ってどんなんやと思う?」って聞いてみたら「串が団子に刺さってるんちゃう。」って答えた(爆)

因みに妹は「団子の中にたれ入ってるんやろ。」って素で答えたgawk

P1000033

                                                          もういらん?

私もパパに迷惑かけてるのねcoldsweats01

そう言えば昔会社の健康診断で血液検査が再検査になって、「これは白血病に違いない」って一人で騒いで遺書まで書いて、血液内科探して遠くまで再検査に行ったら「至って健康ですけど。。。」って言われた気がする。

空腹になったら胃がキリキリ痛くなるから胃潰瘍に違いないって思って胃カメラ飲んだら、まず全身麻酔で完全に眠りこけた上に、「標本にしたいくらいキレイな胃ですよ。」って言われた気もする。

甲状腺が腫れてるから病気に違いないと、また専門医探して受診したら「これ、軟骨です。ちょっと他の人より軟骨が大きいだけです。遠くからわざわざ来てもらって申し訳けないから血液検査でもしとく?でもまた結果聞きに来るだけでも交通費勿体ないから郵送してあげますね。」と言われて、後日ピッカピカに健康な結果が送られてきた気もする。

これはやっぱり根本的に

ばぁばに巻き込まれてる!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

三角関係

風太を家族に迎えて、春夏秋冬で色んな遊びをするようになりました。

ハイキング・登山・川遊び・雪遊び・観光地でのお散歩・キャンプなどなど。

その中で私が一番好きなのが「登山」です。

他の遊びも全部楽しいけど、終わってみて思い出して一番楽しかったーって思うのはやっぱり登山。

何でだろうって考えてみました。

で出た結論。

例えば風太がとても喜ぶ川遊び。

私やパパは風太を中心に遊び、風太のために石を投げてやったり風太エンジンを楽しんだり。

図形で表すとこう↓

Cocolog_oekaki_2012_11_15_23_09

でも登山だけは図形で表すとこう↓

Cocolog_oekaki_2012_11_15_23_35


私とパパで色んな話をしたり、風太が登れない段差を持ち上げてやったり、私が遅れればパパと風太が振り返って待ってくれたり、パパが遅れれば私と風太が待ってたり、前へ行きすぎた風太を呼び戻したり、段差の大きい場所で私がパパの手を借りたり。

風太も私たちの様子や声を気にしながら、時には私たちを頼りながら進む。

お互いがお互いを待ったり待たれたり、助けたり助けられたり。
そして3人でしんどいことを乗り切った先に素晴らしい景色と達成感が待っていて。

Img_2119

この三角関係が私は大好き。

これはやっぱり「家族」という群だからこそ感じることの出来る幸せだと思うわけです。

これからも3人で登山続けて、この三角形を保っていきたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)